お湯を使ってつまりが取れることもある!

トイレがつまってしまった!慌てる前に応急処置などの対策を!

トイレを使って、水が流れない、トイレの中の水位が上がってきて溢れそう、そんな時にはまず慌てず行動することが大事です。トイレの詰まりの原因はトイレの配管内の曲線部に異物やトイレットペーパーがつまってしまっていることが多いです。それを把握したうえで対策を講じましょう。トイレの水位が高くない状況であれば、バケツに水を用意してそれを勢いよく流すという方法が有効です。勢いのある水流の力により曲線部に詰まったものを流せる可能性があります。その際注意しておきたいのは周りが水はねで汚れない様、あらかじめ新聞紙やシートなどを引いておきましょう。水位が高い場合はその水を少しくみ取ってお風呂場などに流して対処してください。

お湯を使うのが効果的な場合もある?その場面とは?

お湯を使ってつまりを治す方法もあります。お湯を使うと効果的なのは、あらかじめつまりの原因がトイレットペーパーかティッシュペーパーによるものだとわかっている場合の限定になります。お湯で紙をふやかすことによりつまりを解消する方法になるので、それ以外の異物の場合には効果がありません。この方法は、すぐには効果は表れず、トイレットペーパーなどがふやけて流れるような状態になるまでおよそ1時間ほど待つ必要があります。出来ればその間便器のふたを閉めたままにして熱を逃がさないようにすることが大切です。ここで特に気を付けてほしいのがお湯の温度です。60度以上の熱湯を使うと陶器製の便器は膨張して割れてしまう恐れがあります。こうしたことを防ぐため、必ずお湯の温度は40度から60度のぬるま湯にすることが必要です。